ミノキシジルの副作用が怖い人はポリピュア!

ミノキシジルの副作用が怖い人はポリピュア!

私は育毛剤を検討しているとき、最初はリアップを使おうかなと思っていました。
リアップにはミノキシジルと呼ばれる発毛効果が期待できる成分が入っていたからです。
でも詳しく調べていくと副作用が気になり、やはり 医薬部外品の育毛剤から始めてみようという気になりました。

 

医薬部外品のポリピュアEX

育毛剤は第1類医薬品、第2類医薬品、医薬部外品という3つの種類に分かれます。
第1類医薬品に該当するのは日本ではリアップ、海外ではロゲインやカークランドなどがあります。

 

そして第2類医薬品はカロヤンガッシュ。
こちらも日本で販売されていますね。

 

そしてそれ以外のほとんどの育毛剤は医薬部外品です。
今回試したポリピュアも医薬部外品に該当します。

 

効果を考えると、第1類医薬品の育毛剤がいいんでしょうけど、副作用の記載が多くてちょっと怖いですね。
ポリピュアは医薬部外品でありながら毛母細胞を活性化させる作用があり、興味が湧きました。

 

 

医薬品と医薬部外品の副作用の違い

 

今回は例として第1類医薬品に該当するリアップと、医薬部外品のプロペシアの副作用を比較してみたいと思います。

 

【ミノキシジルを含むリアップの副作用として考えられるもの】
  • 頭痛
  • 多毛症
  • 性的機能不全
  • 低血圧
  • 不整脈
  • 動悸
  • 皮膚の紅潮
  • かすみ目
  • 手足のしびれ
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • むくみ
  • 頭皮のかゆみ
  • かぶれ
  • 肝障害

 

 

 

上記のようにちょっと使うにはリスクが多いなという印象です。
また日焼けした頭皮に使ったり、併用禁忌薬(ワセリンやトレチノインなど)と使うと過剰な吸収が起こって体調を崩してしまう事もあるとのこと。

 

ハゲを治したいだけなのに、体調不良を起こしてしまうのはなんだかリスクがでかすぎますね。

 

 

【医薬部外品のポリピュアの副作用として考えられるもの】
  • 頭皮のかぶれ
  • 炎症
  • かゆみ
  • 腫れ

 

上記のようなものが考えられますが、全て頭皮上で起こる反応。
成分が浸透したからといって、血管に影響を与えたり、血圧に影響を与えるものはないです。

 

また、男性ホルモンへの影響もないので、性器への影響も一切ないです。
そのあたりがミノキシジルとの最大の違いと言えそうです。

 

安全性を重視して薄毛改善に取り組む

薄毛改善を目指して第1類医薬品から取り組むのか、あるいは医薬部外品から取り組むのは個人の自由です。

 

でも医薬部外品の育毛剤を使って、ある程度改善できるならそれに越したことはないですよね。
副作用のリスクがなく、しかもリアップなどの医薬品より安いですから。

 

実際、私もまずは医薬部外品から試してみたいと思ってポリピュアを最初に購入しました。
ポリピュアを使って今まで頭皮に痛みを感じたり、かぶれたことはありません。
もちろん体調を崩すこともないです。

 

体調の心配をするぐらいなら、まずは効果が期待できる医薬部外品の育毛剤から試してみてはいかがでしょう。

 

 

 

page top